スタインウェイ&サンズ東京
木米真理恵 サロンコンサート

日時: 9月9日(日)17:00~(16:30開場)

「スタインウェイ&サンズ東京」では、昨年ポーランドより帰国されたばかりの新進ピアニスト、木米真理恵さんのコンサートを開催いたします。

今回のプログラムには、多くの方々にも馴染み深いショパンの名曲などポーランドで研鑽を積まれた木米さんならではの曲目が並びます。

初秋の夕暮れ時、スタインウェイ&サンズ東京にて、ピアノの響きで豊かなひとときをお過ごし下さい


場 所:スタインウェイ&サンズ東京 エントランス
品川区東品川2-6-4 G1ビル1F 地図

入場料:1500円
(税込:当日受付で現金にてご精算ください)

定 員:30名様(事前予約制)

日 時:2018年9月9日(日)  
    17:00~(16:30開場)

お申込み:こちらよりメールでお申込みください。

PROGRAM

<< ショパン >>

前奏曲 嬰ハ短調 Op.45

舟歌 嬰ヘ長調 Op. 60

タランテラ 変イ長調 Op. 43

幻想ポロネーズ 変イ長調 Op. 61

<< シマノフスキ >>

練習曲 変ホ短調 Op. 4-1

<< シューマン >> 

ピアノソナタ第1番 嬰へ短調 Op.11より 第1楽章

<< サン=サーンス=リスト >>

死の舞踏 Op.40

※やむを得ず曲目は変更となる場合がございます

アーティスト: 木米 真理恵 Marie KIYONE 

金沢市出身。2008年東京音楽大学付属高校ピアノ演奏家コースを優等賞を得て卒業。在学中、特待生奨学金を得る。

同年秋よりポーランド国立ショパン音楽大学(ワルシャワ)に留学。2013年同大学院を首席卒業、同大学研究科修了。併せて2016年イモラ国際ピアノアカデミー(イタリア)卒業。 これまでに、播本枝未子、岡田敦子、ピオトル・パレチニ、ピエロ・ラッタリーノの各氏に師事。

全ポーランド・ショパンピアノコンクールにて外国人として唯一の入賞、第4位。2010年ショパン国際ピアノコンクール出場。第11回J.ザレンプスキ、L.ゴドフスキ、Premio Accademia 2015(ローマ)など各国際コンクール優勝。その他ピティナ、MozARTe(ドイツ・アーヘン)、Stefano Marizza(イタリア・トリエステ)、ガーシュイン国際音楽コンクール(ニューヨーク)など国内外のコンクールにて多数入賞。これまでにオーケストラ・アンサンブル金沢、山形交響楽団をはじめ、国内外の著名なオーケストラや音楽家と共演。 日本、ポーランド、イタリアを中心に各国でのリサイタルにも招待され好評を博す。2017年3月、完全帰国。

演奏活動の傍ら、2017年度から昭和音楽大学非常勤講師を務めるなど後進の指導にも力を注いでいる。

(写真:SHO YAMADA)

*駐車場のご用意はございませんので、公共交通機関をご利用いただくか、お車でお越しの際は近隣パーキングをご利用ください

お問合せ

以下のボタンで簡単に入力できます

問合せフォーム
連絡先

お問合わせは電話またはメールでご連絡ください

ニュースレター

STEINWAY & SONSの最新情報(英語)をお届けします

無料購読申込み