スタインウェイ&サンズ東京
グレーベ・カテリーナ舞 サロンコンサート

日時: 10月24日(水)19:00~(18:30開場)

「スタインウェイ&サンズ東京」では、ヨーロッパで活躍するスタインウェイ・アーティストのグレーベ・カテリーナ舞氏によるコンサートを開催いたします。

ドイツ人の父と日本人の母のもとに生まれたカテリーナ舞氏が、特に惹かれるというドイツロマン派の作曲家の中で、2016年のデビューCDにも収録され高い評価を得ている、シューマンの「ダヴィッド同盟舞曲集」ほかを演奏いただきます。

秋の夕暮れ時、スタインウェイ&サンズ東京にてピアノの響きで豊かなひとときをお過ごし下さい


場 所:スタインウェイ&サンズ東京 エントランス
品川区東品川2-6-4 G1ビル1F 地図

入場料:2000円
(税込:当日受付で現金にてご精算ください)

定 員:20名様(事前予約制)

日 時:2018年10月24日(水)  
    19:00~(18:30開場)

お申込み:こちらよりメールでお申込みください。

PROGRAM

<< ハイドン >>
Haydn 

ソナタ ニ長調 Hob.XVI:33
Sonata in D-major

<< シューマン >>
Schumann 

ダヴィッド同盟舞曲集 Op.6
Davidsbündlertänze

<< リスト >>
Liszt

巡礼の年 第2年「イタリア」より ダンテを読んで ソナタ風幻想曲
Après une lecture de Dante - Fantasia quasi Sonata

 

※やむを得ず曲目は変更となる場合がございます

 

『数ある「ダヴィッド同盟舞曲集」の中でも彼女のCDは繊細で、
作品の包括的な形を失う事なく音楽性の豊かさ、解釈の深さ、
又成熟度の高さを感じさせられる。

これから注目していきたいアーティストである。』

Gramophone Magazine, 2016年7月

アーティスト: グレーベ・カテリーナ舞 Caterina GREWE

ドイツ人の父と日本人の母のもと東京に生まれる。ドイツのハンブルク音楽院、英国のChetham’s school of musicを経て、奨学生としてロンドンの王立音楽大学にて故ヨンテイ・ソロモンほかに師事。同大学卒業後、同大学院にて修士課程、芸術家修士課程を卒業。

スタインウェイ・アーティストとしての彼女の演奏は、英国そしてヨーロッパ、アジアで高い評価を得ている。これまでにロイヤルアルバートホール、スタインウェイホール(ロンドン、ハンブルク)、モスクワ音楽院ラフマニノフホールほかで数多くの演奏をしている。コンチェルトソリストとして、クラシックフィルハーモニーハンブルク、リュネブルクシンフォニーオーケストラ等と共演。

2015年マリア・カナルス国際ピアノコンクール3位、 2015年ダブリン国際ピアノコンクールファイナリスト受賞のほか、最近では、第8回リヨン国際ピアノコンクール2位を受賞、又2017年ヴァンクライバーン国際ピアノコンクールに入選している。

2016年4月にシューマンの曲集(ダヴィッド同盟舞曲集・ソナタ第3番)でCDデビュー。

*駐車場のご用意はございませんので、公共交通機関をご利用いただくか、お車でお越しの際は近隣パーキングをご利用ください

お問合せ

以下のボタンで簡単に入力できます

問合せフォーム
連絡先

お問合わせは電話またはメールでご連絡ください

ニュースレター

STEINWAY & SONSの最新情報(英語)をお届けします

無料購読申込み