スタインウェイ・ハンブルク工場での製造工程がBBC番組で紹介されました

いまも昔も変わらない、スタインウェイの製造工程。
英語の番組ですが、スタインウェイピアノ製造されていく様子が紹介されていますので、ゆっくりご覧ください。
 

スタインウェイのハンブルク工場(いまでも大部分がハンドメイドでつくられている現場)から、ロンドンのスタインウェイホール(技術者たちがスタインウェイのメンテナンス、保守を行っている現場)まで。この映像には世界的なピアノの裏方で活躍するクラフトマンたちが登場します。
フレームを曲げ、外装を磨くストイックな気質を持つドイツ人の職人たち、そして長年働き続けた職場をもうすぐ離れるイギリス人技術者のジェフ。最高峰のピアノを製造し、状態を維持するために捧げた「献身と技術」が描かれている映像です。
ビクトリア女王の時代から王室御用達であったスタインウェイ&サンズは、各国の王室やその時代の代表的なアーティストにピアノを提供してきました。そしてこのフィルムでは、現代を代表するピアニストとなったラン・ランがロイヤル・アルバートホールでのコンサートのために準備しているところも描いています。