12,116点の純正部品が揃っていなければ、それはスタインウェイではありません

スタインウェイピアノは、12,116のスタインウェイ純正部品によって構成されています。スタインウェイピアノをスタインウェイ修理センター以外で修理すると、省力化とコスト削減のために多くの模造部品が使用されます。スタインウェイでは、私たちのピアノに対する愛情と、価格ではなくひとつの基準を作り上げるための指針は、ひとつひとつの部品がスタインウェイに求められる品質を満たすものでなければならないことを意味しています。あなたのスタインウェイピアノに修理が必要なときに、確実にスタインウェイ純正部品で修理を行う方法は、スタインウェイ修理センターを利用する以外にはありません。スタインウェイが特許を保有する響板をはじめとした各種の部品は、他のピアノ修理業者や個人では手に入れることはできません。場合によってはスタインウェイの純正部品が手に入ることもありますが、修理業者はこれらが純正部品よりも優れていると主張しながら、比較的コストの安いパーツを選ぶこともあります。

スタインウェイのピアノは、他のものとはまったく違った響きを生み出す、この上なく美しい逸品であるばかりではありません。音に対するひとつの投資でもあります。スタインウェイのピアノを修理しても、スタインウェイの純正部品のみを使って修理されたという証明が得られなければ、それはこの楽器の価値に妥協したことを意味します。私たちが修理したすべてのスタインウェイピアノには、スタインウェイの純正部品のみを使用し、スタインウェイの妥協のない基準に基づいて修理されたことを証明する保証書が与えられます。このことを保証できるのはスタインウェイ以外にありえません。それができるという修理業者が現れたら、そのことを文書で示すように求めてください。もしコストが安いことを理由に他の業者に修理を依頼したら、それはスタインウェイの純正部品とは異なる、安価な部品を使ったことによるもので、ピアノそのものの長期的な価値を落とすことにつながります。

スタインウェイの違い

ピアノはどれも同じように作られているわけではありません。10人中9人のアーティストがスタインウェイを選ぶのにも理由があります。同じように修理サービスもすべて同じではありません。スタインウェイ修理センターで修理すれば、スタインウェイピアノの素晴らしさを保ち続けることができます。あなたのピアノをあらゆる面でスタインウェイのピアノとして保つことのできる知識や経験、設備、素材を備えているのはスタインウェイ以外ありえません。スタインウェイピアノを修理する他の業者は、自社の従業員が持っているスタインウェイ工場での経験について語ることでしょう。しかしそのような従業員の多くはごくわずかな期間の経験を持っているに過ぎません。実際に誰があなたのピアノを修理するのかは誰にもわかりません。また、そうした業者の従業員がスタインウェイ工場に務めた経験を持っているとしても、現在のスタインウェイ工場に勤務しているわけではありません。スタインウェイピアノの偉大さは、工場に勤めるクラフトマンの技能や能力だけで形にされているわけではありません。長い時間をかけて工具や製法の完成度を高めたり、環境を整えたりすることによって生み出されてきたのです。つまりスタインウェイと同じサービスを提供できる業者や個人は存在し得ないのです

全修理

スタインウェイ修理センターで修理すると、スタインウェイ純正部品のみを用いて修理することが保証されます。しかしそれだけではありません。主な部品の交換も保証されます。古い部品を補修したり、古い金属部品を研磨しなおしたりすることはありません。例えば、古くなったアクションを新品のスタインウェイ純正アクションと交換します。つまり使用済みのアクションを補修することはありません。ピアノに取り付けられている金属部品もすべてスタインウェイ純正のものと交換します。他の業者なら使用済み部品を磨いて、新品を使ったように見せかけることもあります。他の業者に修理を依頼した場合、少なくとも、ピアノの心臓部といえる響板にスタインウェイ純正のものが使われることはありません。スタインウェイはこの響板を販売していないためです。このため他の業者に修理を依頼した場合、たとえスタインウェイ&サンズ社のロゴマークを与えられたピアノであったとしても、スタインウェイをスタインウェイたらしめる秘術を失うことになります。

確かな選択、スタインウェイ修理センター

スタインウェイ修理センターは、世界で唯一スタインウェイピアノの修理を認められている施設です。そしてスタインウェイ純正部品のみを使用してピアノを修理する唯一の施設でもあります。私たちは法人、ピアノ技術者、販売店、個人を問わず、あらゆるオーナーからスタインウェイピアノの修理を受け付けています。

将来鑑定を受けたり売却したりする場合には、スタインウェイ&サンズがスタインウェイ純正部品のみを用いて修理されたことを日付とともに証明する、認定書を受けることもできます。大切なスタインウェイピアノに思い通りの再仕上げを施したり、アクションや響板を交換したりする必要があるかどうかは、それを作った者の手に委ねるべきです。

修理の必要なピアノがどこにあるかは大切なことではありません。私たちは世界中から私たちの工場や修理センターに送られてくるピアノを定期的に受け入れ、新品同様の状態でオーナーのもとに送り返しているためです。スタインウェイピアノの修理をお考えなら、スタインウェイ&サンズのロゴマークを持つピアノを財産として保つための選択肢は、スタインウェイ修理センター以外にありません。

スタインウェイピアノの修理に関するお問い合わせは03-5251-6550、または.(JavaScript must be enabled to view this email address)