ヘンリー E. スタインウェイと息子たちは1853年に、後に世界で最も有名になるピアノ会社を設立し、「可能な限り最高のピアノをつくる」という野心的なビジョンに情熱を持って取り組むことを決意しました。創業以来165年にわたって貫かれてきたこの企業理念は、スタインウェイ設計によるボストンピアノを含む、スタインウェイブランドのあらゆる要素に息づいています。

1992年に誕生したボストンピアノは、まだスタインウェイ購入を決めていらっしゃらないピアノ愛好家のニーズに応える新しいピアノの開発を目指した、スタインウェイ&サンズの決意の集大成です。スタインウェイによって設計されたボストンピアノは、スタインウェイの160年以上におよぶ最高級のピアノ製作と継続的な改良への取り組みによって培われた製法を駆使して製造されています。

スタインウェイの設計原則を忠実に守ることで、ボストンピアノは中価格帯のピアノの中でまさに最高のピアノとしての地位を維持しています。スタインウェイのDNAを受け継ぐボストンピアノは、同価格帯のピアノには決して真似のできない優れた響きと演奏、耐久性を実現します。

より優れた響き

ボストンピアノは同価格帯の他のピアノとは設計が大きく異なっており、こうした設計上の特徴はスタインウェイ独自の製法から生まれたものです。スタインウェイピアノが他にはない独特の「スタインウェイサウンド」で知られているように、ボストンピアノも他のピアノでは再現できない純粋で豊かな響きによって評価を高めてきました。

ボストンピアノの優れた響きを支えるスタインウェイの特殊技術:

  • スタインウェイ&サンズの技術者であるSusan KenagyとJohn Pattonは、165年におよぶ先駆的なピアノ製作のノウハウを結集し、スタインウェイ&サンズのニューヨーク工場でボストンピアノをゼロから設計しました。
     
  • スタインウェイ設計の低張力のスケールにより、伸びのある音を実現し、ピアノ自体の耐久性を向上させます。弦の張力を低くすることによって、低音部に響きを与え、より豊かな音色をもたらします。また、サステインが長く、パワフルでダイナミックレンジが広く、あたたかみのある円熟した音色を実現します。
     
  • 直線的なテーパー状に加工された、シトカスプルース無垢材を使用した響板は、最適な振動応答を実現するよう設計されており、パワフルで豊かな響きと伸びのある音をもたらします。
     
  • 堅木メープルを使用したインナーリムは、その優れた品質のために振動と吸音が少なく、響板から優れた豊かな響きを生みだします。
     
  • 「ワイドテイル」設計により、響板の面積が通常よりも広くなっており、豊かな響きを生み出し、実際のサイズよりも大きいピアノで演奏しているかのような印象を与えます。さらに、ワイドテイル設計により低音弦を響板の中央近くに配置できるため、より豊かで深みのある色彩豊かな低音を実現します。
     
  • スタインウェイが所有するハンマープレスで製造された洋梨型ハンマー。正確な位置で弦を叩くこれらのハンマーは、最高の音色を生むように設計されています。
     
  • 米国テネシー州のMapes Piano String Company社製の純銅を巻きつけた低音弦は、スチールに銅メッキを施した弦より長持ちするだけでなく、ピアノの寿命全体を通して純粋な音色を保証します。スタインウェイが特許を保有するオーバーストリングス法(交差弦方式)は、低音弦の有効弦長を最大化し、低音から中音へのスムーズな移行を可能にします。
     
  • スタインウェイが特許を保有するブリッジ(駒)は、垂直方向にメープル材を貼り合わせ、さらに上部に一枚板のメープル材をかぶせることで、響板にエネルギーを最適に伝えます。この特許取得済みのブリッジは、ボストングランドの響板の中心に近い部分に配置されているため、エネルギーがより均一に分配され、豊かで充実した音色を実現します。
張力の低いスケールデザインが、豊かな音色、余韻の長い伸びのある音、広いダイナミックレンジを提供します
「ワイドテイル」設計により、響板の面積が広くなり、豊かな響きを生み出します
堅木メープル製のインナーリム(内リム)は余計な振動を抑え、響板から優れた豊かな響きを引き出します
ボストンピアノは、洗練されたフォルムと最高品質の素材を重視して設計されています
純銅を巻きつけた低音弦は、楽器の寿命全体を通して純粋な音色を保証します
シトカスプルース無垢材を使用した響板は、直線的なテーパー加工が施され、豊かで充実した音色を生み出します

より良い演奏

生徒や教師から演奏家に至るまで、ボストンピアノを奏でるピアニストはボストンピアノが持つ「フィール(感触)」の良さを知っており、同価格帯の他のピアノにない優れたタッチを熱烈に支持しています。ボストンピアノのトレードマークである敏感でレスポンスの良いアクションは、洗練されたフォルムと最高品質の素材を重視するスタインウェイのDNAを受け継いでいます。

ボストンピアノはスタインウェイピアノと同様、総木製のアクションパーツを採用しており、多くの競合他社とは異なりプラスチックは一切使用していません。木はボストンピアノの特徴的な感触を生み出し、演奏者は、通常はコンサートピアノでしか得られない鍵盤からの「フィードバック」を実感できます。さらにボストンピアノの特徴として挙げられるのが、スタインウェイが特許を保有する有名なロゼッタ型フレンジです。ロゼッタ型フレンジは、アクションレールと確実に噛み合って所定の場所に固定され、アクションパーツのねじれやずれを防止します。これにより、湿気や温度の変化にさらされても、あるいは酷使されても、ボストンピアノのアクションはいつまでも緊密で鋭敏かつレスポンスに優れています。

ボストンピアノのアクションレールのロゼッタ形状は、もともと1868年にスタインウェイによって特許が取得されたもので、ピアノの「フィール」と安定性に関して長い実績を持つ主役的存在であり、同価格帯の他のピアノには見られないものです。さらに、ボストンピアノのアクション設計は、ハンマーを動かし始めるのに必要なエネルギーが少なくて済み、素早い反復、非常にレスポンスの良いアクション、そして驚異的なダイナミックレンジのコントロールが可能です。

より長持ち

スタインウェイピアノと同様、ボストンピアノも長く受け継がれ、長寿命を実現するよう設計されています。他にはない独自のデザインを誇るボストンピアノは、洗練されたDNAを持つ、家宝として長く受け継がれる可能性を秘めた中価格帯モデルとして1992年に登場しました。ボストンピアノの耐久性は、スタインウェイの設計とスタインウェイが認めた製法と素材を忠実に守ることによって支えられています。ボストンピアノの長寿命を実現しているのは、以下に挙げるポイントです。

放射状支柱(ボストングランド)は、ピアノの骨組みをしっかりと結びつけ、リムを支えます。そして、互い違いにずらして配置されたバックポスト(ボストンアップライト)は、強い張力に対応し、安定した調律とピアノ全体の長寿命を保証します。

張力の低いスケールが、ボストンピアノの2つの独特な支柱システムと一体となって機能します。この設計により、張力と長時間の使用により良く対応できる応力の少ないピアノが生み出されることが物理的に保証されています。

高い評価を受けているスタインウェイピアノのヘキサグリップ®ピンブロックにヒントを得た、スタインウェイ特許のボストンピアノのオクタグリップ®ピンブロックは、11層の堅木メープルで作られています。これらの層は、木目方向をずらして貼り合わせることで、チューニングピンをしっかりと保持しながらも滑らかな動きを可能にします。その結果、調律が改善され、調整の安定性が向上し、ピアノ自体の寿命が延びます。

スタインウェイの設計によるボストンピアノの良さは本物です。ボストンピアノは、世界で最も尊敬を集めるピアノメーカーが165年にわたり培ってきた専門知識と技術を駆使して設計されました。スタインウェイの設計に忠実に製造する能力を備えた工場で製作されたボストンピアノは、ピアノの素晴らしさを発揮させるために非常に厳格な製法で作られており、世界中に数えきれないほどの熱心な愛好家がいます。そして、優れた性能と耐久性が最も重視される音楽学校や教育機関に納入されるボストンピアノの数が増え続けていることを考えれば、ボストンピアノの評判が広まっていることは明らかです。

Request More Information

お問合せ

以下のボタンで簡単に入力できます

問合せフォーム
連絡先

お問合わせは電話またはメールでご連絡ください

ニュースレター

STEINWAY & SONSの最新情報(英語)をお届けします

無料購読申込み