特長

160余年にわたって、世界中の最も著名なピアニストは、才能を発揮するためにスタインウェイを選んできました。そのリストの中には世界のクラシック界、ジャズ界、そしてポップス界の伝統をつくり継承してきた巨匠たちが含まれています。今日では、世界中で活躍するコンサートピアニストの98%以上がスタインウェイを選んでいます。しかし、スタインウェイで演奏したり、スタインウェイを所有するのは彼ら巨匠たちだけではありません。スタインウェイは音楽や最上のクラフトマンシップ、そしてゆるぎない高品質を愛する人たち全てのものです。

スタインウェイの特長は、世界最高峰のピアノを作るという私たちの唯一の理念に集約されています。品質に妥協したことは一度もありません。生産速度を上げたり、コストを下げるために製造工程の一部をマスプロダクションにすることは、新しい科学技術や材料が、ピアノの品質を向上させるということが実証された場合にのみ採用しています。私たちはこのルールを変更することはありません。なぜならば品質に妥協することはピアノのサウンド、タッチそして最終的にはピアノ全体の統一性を欠くことになるからです。

伝統的なクラフトマンシップの重要性に固執するかたわら、スタインウェイ&サンズ社は革新的技術も取り入れてきました。スタインウェイによって作られた初期のピアノは近代ピアノの独創的な特長を備えていました。今日では一台一台のスタインウェイピアノに革新的な技術が取り入れられています。振動膜の原理を応用した響板やヘクサ・グリップ式のピンブロックなど、125以上の特許と製造工程の結晶です。

スタインウェイのグランドピアノは完成までに約一年かかります。急がず少しずつ着実に作り上げます。リム(側板)、大屋根、響板、そしてアクションに使われる厳選された木材は、さらに一定の含水率に安定するまで何ヶ月ものあいだ乾燥されます。リム(側板)は、無垢の堅いメープル材と最高級マホガニーを何層にも貼り合わせて作られ、強大な弦の張力に耐久する鋳鉄製フレームを採用しています。振動膜の原理を応用した響板には最高級のシトカスプルースが使用され、中心部から端に向い徐々に薄くすることで、比類なき響きを実現しています。

最終的にそれぞれのパーツが手作業と科学技術によって融合され、ピアノが完成します。しかし、スタインウェイピアノは整音を完了するまでスタインウェイピアノと呼ぶことはできません。鍵盤を調整し、また一つ一つのハンマーヘッドを硬くしたり柔らかくして調整する作業を経て、微妙なニュアンスが引き出されます。新品のピアノは12,000ものパーツで作り上げられ、スタインウェイピアノになります。

仕上げ

艶出塗装仕上: 黒色艶出塗装仕上

サイズ/重量

奥行 274 cm
横幅 157 cm
重量 480 kg